脳動静脈奇形とは

通常は、動脈から細かく分かれて毛細血管になり、また細かい血管が集まってきて静脈になるが、動脈から毛細血管に行かずに直接静脈に行っている異常な血管があり、それが脳にあるのが脳動静脈奇形です。10万人に一人という極めて珍しい病気で、年に2~3%の確率で脳出血や、くも膜下出血などを起こす可能性があると言われています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP