いつも前向きに?

このサイトの他のページにも書きましたが、たとえ体に不自由があっても、気持ちは前向きでいることは大切だと思います。

でも、理想と現実の間には差があるのも事実で、残念ながら僕も一日に数回は「もうダメかも知れない」と心のなかでため息をついてしまい、いつも前向きでいられる訳ではありません。

でもこんな僕を信じ、復活することを待っていてくれている人達がいます。だからクヨクヨしてばかりいられないし、前向きに思うことこそが早く復活することへの近道なのは確かです。

将来への不安と、前向きでいたいという理想。

そんな感情の狭間で揺れ動いているのが、今の僕の姿です。

ただ、僕の体がどうこうということはさておき、人の感情というのは伝染する性質を持っているものだと思います。

周りの人が楽しそうにしていれば、特に理由がなくてもなんとなく楽しい気持ちになるし、逆に嘆き悲しんでいる人が周りに入れば、見ているだけで気が滅入ってくるでしょう。

だから、僕を支えてくれる人たちのためにも、カラ元気でも作り笑顔でもいいから、いつも笑って過ごしていたいと思うのです。

今の自分の状態を嘆いたり、辛いと感じることを避けることはできませんが、日本という国に生まれ、生活に困ること無く生きていられるだけでも本当は幸せなことです。

世界にはまだまだ貧困や戦争で人が死んでいる国もあり、そういう国で暮らしている人たちは、将来の不安どころか明日のことさえ分からないのですから。

生まれてくる国や自分の親など、自分の意志で選択できないような要素もたくさんあります。

そういうものに恵まれているだけでも、僕はきっとラッキーな人間なのではないでしょうか。€

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP