目がまわり気持ち悪くなる

手術後の影響の一つとして、頭を動かしたときに目が回ったり、気持ち悪くなることがありました。

別の記事で書いたように、物が二重に見えるというような症状が出ていたので、視覚と体で感じる平衡感覚の間にギャップがあり、それによって脳が混乱しているためなのかも知れません。

「気持ち悪い」の感覚としては、ぐるぐるバットをやった直後に近い感覚です。

実際に車などに乗った時には、酔いやすいというような事はありませんでした。

頭だけを動かすとすぐに目が回り気持ち悪くなったので、最初のうちは後ろを振り向くときも首だけを回すのではなく、体ごと後ろを振り返るようにしていました。

頭だけを動かせないと、日常生活では不便なことが色々出てきます。

例えば、車の助手席に座っていても、後部座席を振り返ることが出来ません。

だから後ろの席に座っている子供が何か落としても、拾って渡してあげることができないのです。

他にも、

・ツ黴€ 目薬をさすために上を向くと気持ち悪くなる

・ツ黴€ うがいをしようとして上を向くと気持ちが悪くなる

・ツ黴€ 寝転がったり、起き上がろうとすると目が回る

というような不便がありました。

今は時々首を回す練習をしたり、横になるときは枕を高めにして、その枕を徐々に普通の高さのものにしていく等の方法で体を普通の生活に慣らしていっています。

ところで、気付いたこととしては、眼を閉じて頭を動かすと目を開けている時よりも目が回りにくくなるようです。

なので、腹筋運動や寝転がってストレッチをするときは、目を閉じて行うようにしています。

脳外科の先生は「バランスの感覚と関係がある」と言っていましたが、この症状も今は少しずつ良くなってきているので、いずれ普通にもどって行くことでしょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP