手術まで

なんでわかったのか

なんでわかったのか ここで、僕が脳動静脈奇形と診断されるまでの経緯をお話しておきましょう。 はじめに「自覚症状」を感じたのはもう何年も前。 細かい時期はよく覚えていませんが、眼の奥がズキーンと痛む症状が発端でした。 …

>>このページに移動する

検査入院

検査入院 MRIで分かった脳の異常についてさらに詳しく調べるために、2008年3月12日から一泊二日の検査入院をすることになりました。 造影剤を入れて脳血管撮影をすることになっていたのですが、検査前には 「簡…

>>このページに移動する

検査結果

検査結果 今まで僕は、息子がまだ小さいということもあり、診察を受けたり説明を聞いたりするときは、一人で病院に出向いてくるのが普通でした。 しかし、今回の検査結果に関しては、妻と二人で聞くことにしました。 …

>>このページに移動する

決断

決断 脳動静脈奇形を抱える患者の場合、それが原因で脳内出血を起こす可能性は、年あたりだいたい2~3%ぐらいだと言われています。 単純に考えれば、10年なら20~30%、20年なら40~60%と、年月が長ければ長いほ…

>>このページに移動する

セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオン セカンド・オピニオンというのは、当事者以外の専門家に意見をもらうこと。 簡単にいうと主治医以外のお医者さんにも診察や検査などをしてもらい、相談に乗ってもらうこと(又はもらった意見そのもの)を言い…

>>このページに移動する

手術準備

手術準備 2008年4月9日には、手術前の準備として造影剤を打ちながらCTスキャンを撮りました。 4月28日にはさらにMRIを撮り、そのほかにも血液検査・尿検査さらに心電図・胸のレントゲン撮影と様々な検査を受…

>>このページに移動する

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)

このページの位置

>
PAGE TOP