退院してからのスケジュール

リハビリテーション病院に入院中、職業訓練という名で入院リハビリを続けられる施設を見学しに行ったことがあります。

しかし、そこで行われているリハビリの内容は、僕のやりたい内容とはちょっと違っていました。

僕は外の色々な状態の道をもっと歩いて、行動範囲を広げるようなリハビリをしたかったのですが、その施設ではほとんど外は歩けないことが分かったのです。

残念ながらそれを知った瞬間にその施設への興味は無くなり、すぐに家に帰りたい気持ちになってしまいました。

その施設とは別に、通院リハビリをやっている病院にも見学に行ったのですが、その事を手術した脳外科の先生に話してみたところ、通院リハビリならまた手術したこの病院でもできるという話でした。

何も新しい病院を探さなくても、手術直後からずっと僕のリハビリを手伝ってくれて、僕のことをよく知っている人たちに、今後も手伝ってもらえるのです。

まさに灯台下暗し。

このことで、僕の不安はかなり小さくなりました。

退院してから最初の約6ヶ月間は、週に2回の通院リハビリをしてもらいました。

その後の約3ヶ月間は週に1回になり、それ以降は月に1回・・・と頻度を減らしながら、通院リハビリは今でも続いています。

スポーツジムにも自主トレでリハビリをするために行くようにしました。

スポーツジムには、最初の2回だけ妻にも付き添ってもらい、どの器具が自分で使えるか、どの器具ならリハビリに役立ちそうかということを検討してみました。

筋力を測ってみたところ、手術前と比較して半分以下にまで落ちてしまっていましたが、これは徐々に戻っていくと思っていたので、それほど大きなショックはありませんでした。

スポーツジムには退院して間もない最初のうちは週に1~2回くらいのペースで通い、通院リハビリの回数が減ってからは週に3~4回に増やしました。

最初は妻に車で送迎をしてもらっていましたが、今後の通勤のことを考えると電車にも慣れておかなくてはいけません。

そこで、リハビリ病院を退院してから4ヶ月後くらいには電車の乗り降りにも慣れるように、比較的空いている電車を使ってスポーツジムに通うようにしています。

そのジムは昔行っていたスポーツジムで、手術前から僕のことを知っているインストラクターも何人か残っています。

体が不自由だと、特に知人が全くいないところに行くことには大きな不安があったのですが、退院後にまた通院することになった病院や、スポーツジムのスタッフにも知っている人がいたおかげで、不安はとても小さくなりました。

その不安も最初の頃に比べれば徐々に小さくなっていっています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP